JGAP認証とは

食の安全・環境保全・労働安全を守るため、食品安全基本法など国の定めるガイドラインから海外の食品衛生法まで、様々な基準をクリアできる農業を実施し、第三者機関による指導・審査を行い、優良農業としての農業を認証する制度です。

角田製茶では福岡県でも一早く導入し、JGAP認定茶農場として安心・安全・高品質なお茶作りを行っています。

詳しくは

審査の様子

膨大な量のチェック項目の確認と、ヒアリング

肥料の使用状況などの確認とヒアリング

農薬や機材などの管理状況のチェック

使用している堆肥のチェック

畑や土に関しての確認

加工場の見学と確認

JGAPの方法

JGAPは単なる農薬使用のチェックリストではなく、農場の組織づくりや責任分担についても関係する

「農業経営体(個人・法人・団体)の品質管理体制」を構築するための基準・手法として作られています。

2011年8月以降は、放射能についても農場管理の基準がJGAPに追加されています。その結果JGAPは、

「残留農薬、ドリフト、食中毒、異物混入、重金属、放射能」のすべてに対応した守備範囲の広い基準となっています。

Copyright (C) 2016 kakudaseicha All rights reserved.